このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



中包み・お札の入れ方

中包みの書き方は、慶事・弔事によって違います。
また、慶事、弔事ともに金額を記入しますが、結婚祝いや香典などでは旧字体を用います。もちろん、略式でいけない、ということはありませんが、この機会に旧字体を覚えておきましょう。

旧字体 略式

したがって、三万円というのが略式表記であり、旧字体では参萬円とかきます。

慶事の場合 中包みの書き方

まずは表面の説明からです。中央に縦書きで金額を書きます。また、「金〜〜円也」と書くのは、普通10万円以上などと高額な場合のみです。通常であれば、「金〜〜円」と表記します。
裏面には、郵便番号、住所、氏名を記入します。左下に書くのが普通です。
お金の入れ方は、お札の肖像を上、かつ表面になるようにいれます。つまり、金〜〜円と書いてある方向と同じ方向をお札の肖像が向くように入れるわけです。

     
弔事の場合 中包みの書き方

弔事の場合、表面に金額を書きません。裏面に金額、住所氏名すべてを記入します。お札の入れ方は、お札の肖像が裏側、つまり住所、氏名、金額などを書いた方を向くようにして入れます。地域によっては、さらにお札の肖像が下になるように入れるところもあるようです。この不幸な出来事が、「何かの間違いでは」という意味あいをもつそうです。そのため、慶事とは反対にするのがきまりです。

     
上包みについて

中包みのついでに、上包みについても説明をしておきます。上包みの上下が、慶事と弔事では逆になります。
1 慶事での包み方は、下側を上に重ねるように折ります。
2 弔事での包み方は、上側を下に重ねるように折ります。慶弔で逆になる、ということをあわせて覚えておくとよいでしょう。

     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意