このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



表書きを使い分ける

表書きには、相手と自分との関係によって変わってくることがあります。以下にその一例を挙げてみました。

慶事の場合

相手が目上の時・・・・御慶び
相手が目下の時・・・・御歓び

お礼を贈る場合

相手が目上の時・・・・粗品
相手が目下の時・・・・寸志

手土産

相手が目上の時・・・・御伺い、ご挨拶、松の葉
相手が目下の時・・・・まつのは、花一重

また、これらだけでなく、連名で贈る場合、宛名をいれる場合などによって、表書きには若干の違いが生じます。
以下にケースごとの表書きを見てゆきましょう。

個人で贈る表書き
肩書きを入れる場合
夫婦連名の場合
連名で贈る場合
宛名を入れる場合
     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意