このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



表書きの基本

まず、表書きの基本です。マジック、万年筆、ボールペンなどを使用せず、筆、筆ペンを使用して記入します。色はもちろん黒です。ちなみに、黒でも薄い色を使用するのは葬式、法事などだけですので、濃い黒を使用するべきでしょう。
さて、次に下の図を見てください。
のし袋と表書きについて、簡単に説明をしたいと思います。


のし・・・・・現在は、紙を使用していますが、本来は「のしあわび」といって、のばしたあわびを使用していたのが起源とされています。弔事の場合は使用しません。また、祝い事には海産物を供したために、魚介類、肉などの生ものを贈る場合も不要であるとされています。

表書き(上書き)・・・贈る目的によって、内容が異なる言葉を書きます。また、結婚祝いなどの場合は、「御結婚御祝」と五文字にします。四という不吉な数字を避けるためです。

水引・・・慶事、弔事や、祝い事などの内容によって、水引の色、結び方なども変わってきます。詳しくは、水引についてを参照。

表書き(姓名)・・・上書きよりも少し小さめに書きましょう。
     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意