このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



水引について

水引というのは、祝儀袋、不祝儀袋などの表面に結ばれているひもです。慶事に用いられるものには、紅白、金銀など、弔事には黒白、銀一色のみなどです。また、慶事に使用される水引の数は奇数で、弔事に使用される水引の数は偶数とされています。

結び方にも違いがある

さて、結び方にも種類があって、目的によって結び方の使い分けがおこなわれます。
以下を見て下さい。

1 の蝶結びは、ほどいても再び結びなおすことができます。したがって、超結びの水引が使用されるのは、出産や入学など、何度繰り返してもよいお祝い事、お礼などです。ですから、結婚祝いなどには用いません。
2 の結び方は、「結びきり」といいます。この結びきりは、一度結んでしまうとほどけませんので、二度と繰り返さない、という場合に使用されます。たとえば、結婚式、全快祝いなどです。
3 2と同じ結びきりですが、これは弔事用です。かつ、結びきりですので、二度と繰り返したくない、という出来事に使用するわけです。香典などに使用します。
4 これは蝶結びで、慶事用のものですが、水切りが印刷されているタイプです。贈り物などに使用するのし紙には印刷された略式のものが多いです。水引が印刷されたものは、あくまでも略式だということを覚えておいて下さい。

     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意