このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



ふくさの使い方

御祝儀袋や不祝儀袋は、普通は裸のままポケットやかばんにいれておいたりはしません。では一体どうするのか?というと、「ふくさ」を利用します。ふくさというのは、小さい風呂敷のような布で、手帛紗(てふくさ)ともいいます。覆いの布を正方形にしてお金を包むという習慣は江戸時代にできあがったといわれています。
ちなみに、ご祝儀袋、不祝儀袋ともに、ふくさからとりだして手渡しします。表書きを先方に向けて差し出すようにするのがマナーです。
その際、「本日はおめでとうございます」などと目的に応じた一言を添えましょう。
また、ふくさには「はさみふくさ」といってサイフ感覚で使用可能なものもあります。ここでは、小さい風呂敷タイプのものの使用法を説明いたします。

慶事でのふくさの包み方

さて、慶事で使用されるふくさについてですが、赤色系統のおめでたい色を使用するのが一般的です。紫色は、慶事、弔事どちらにも使用できます。また、ふくさの包み方を紹介しましょう。

1 まず、図のようにふくさをひろげ、真ん中より左にずらして表向きにおく。
2 左側を祝儀袋にかぶせる。
3 上、下ともに中におりこむ。
4 そのまま右側をかぶせて、裏まで織り込む。

弔事でのふくさの包み方

弔事で使用されるふくさは、グレー、濃紺などの地味な色合いです。紫色のふくさは慶事、弔事ともに使用できます。また、ふくさの使い方としては慶事とは逆向きになります。

1 まず、図のようにふくさをひろげ、真ん中より右にずらして表向きにおく。
2 右側を祝儀袋にかぶせる。
3 上、下ともに中におりこむ。
4 そのまま左側をかぶせて、裏まで織り込む。

     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意