このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



新郎新婦からお返しの場合 2

(式場:教会への御礼をする場合)
両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「御礼」「献金」などがあります。
金額には10万円〜15万円。
このほか、牧師、神父へ1〜2万円くらいの御礼をします。
白無地袋を使用します。のし、水引ともに使いません。




(式場:神社への御礼をする場合)
両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「御初穂料」「御礼」などがあります。
金額は3万円〜15万円くらいです。
このほかに、神主や巫女へ2〜3万円の御礼をします。

水引は金銀、または紅白のものを使用します。
のしはないものを。


(式場:お寺への御礼をする場合)
両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「御礼」「寿」などです。
金額は5万円〜10万円くらいが目安です。
紅白、または金銀の水引を使用、のしつきです。

     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意