このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



新郎新婦からお返しの場合 1

(仲人への御礼をする場合)
両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「御礼」「寿」「御酒肴料」などがあります。
金額には10万円〜30万円。披露宴だけの頼まれ仲人であれば10〜20万円くらい、結納もお世話になったのであれば15〜30万円くらいが一般的なようです。
水引には、紅白、または金銀の色を使用し、結びきり、のしつきの祝儀袋を使用します。
金額が高額になりますので、右の例よりも格調の高い水引を使用したほうがよいかもしれません。

(仲人・来賓への交通費を渡す場合)
仲人や、来賓への交通費は、両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「お車代」です。
金額は1万円〜2万円くらいです。
また、通常の参列者も遠方からの出席者であれば、交通費を渡します。その際は連名で書かずに招待した方の姓だけを書いて渡します。


(世話役・各係に御礼を渡す場合)
司会者、受付や会計を務めてくれた友人、撮影係りなど、お世話になった人には両家の苗字を連名で書いて渡します。表書きに用いるのは、「御礼」「寿」などです。
係りを務めてくれた友人などには、5000円〜1万円くらいが目安です。
司会などをしてもらった場合には1〜2万円を渡しましょう。
金額的にも比較的安くなりますので、印刷された水引のものでかまいません。

     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意