このサイトは、祝儀袋の書き方に関するサイトです。祝儀袋を書くときの参考にして下さい。

祝儀袋 書き方 -祝儀と不祝儀-

  祝儀袋の書き方や、祝儀、不祝儀についてのしきたりをご存知ですか?慶事、弔事には礼儀がつきもの。祝儀袋の書き方がわからない、どういったのし袋を選べばよいかわからない・・・。そんなあなたの疑問にお答えするサイトです。



結婚祝いを贈る場合

本来は結婚祝いは挙式の一週間前の吉日を選び、自宅まで持参するのが正式ですが、最近では披露宴当日に受付で渡すのが一般的となっています。とはいえ、品物を贈る場合は式場にもってゆかず、前もって自宅に届けましょう。

また、御祝いに使うお金には新札を使用します。表書きに濃い墨ではっきりと書きましょう。上書きには、「寿」や、「御結婚御祝」、「お祝い」などをつかいます。特に、四文字、二文字などの言葉は使わない、ということもあわせて覚えておくとよいでしょう。これらは割り切れる数字であるため、夫婦二人が分かれる、ということをイメージさせ、不吉とされています。
その他金額によっても、使用する祝儀袋を変えるということも覚えておきましょう。
下の写真を見てください。左はシンプルなものです。一万円くらいまでならこれで十分でしょう。真ん中は2〜3万円くらい、5万円以上となると、豪華な水引を使ったものを使います。(左)

          
     
祝儀袋 書き方  All Rights Reserved. 2013

| 祝儀袋 書き方TOP | サイトマップ | サイト説明 | 相互リンク | リンクの注意